アライブとレイニー

aLIVE エンタープライズ 第二段アイドル
「アライブとレイニー」 公式ブログです。

ついに本格始動!!

これからの私達の成長を見守ってくれる?

記事一覧(272)

アライブとレイニー二周年記念単独公演「umbrella」

2019.10.08(Tue)アライブとレイニー2rd anniversary one man live「umbrella」 HOLIDAY SHINJYUKUOPEN18:00 START18:30前売りチケット¥3.000 予約 ¥3.000https://tiget.net/events/61641※予約はこちらよりお願い致します。運営予約はありませんのでお気をつけください。当日券¥3.500【入場特典】ウソツキと付点休符CD当日ペアーチケット¥3.000(入場特典無し)※一枚で二名様までご入場いただけます。※入場特典のCDは付きませんので予めご了承ください。◆入場順前売りチケット(001~)→TIGET予約→当日券→当日ペアーチケットワンマン開催を記念してプレミアムチケットセットを販売致します。チケットの販売は7/25の渡生誕祭~を予定しています。※Aセット、Bセットの商品受け渡しは8月下旬を予定しておりますので予めご了承ください。予約は予約専用LINE@で2019.0707 0時~行います。予約はこちら◆プレミアムAセット(チケット番号001~020)¥12.000 ※限定20セット【内容】・ピクチャーチケット・2ショットチェキ券(各メンバー1枚ずつ)・プレミアムセット限定Tシャツ(サイズ指定可 S~XLまで)※サイズ指定は7月中の予約分に限りますそれ以降の予約分に関してはフリーサイズになります。・Aセット限定アニバーサリーアー写セット(各メンバー1枚ずつ※サイン付き)・特典券15枚※チケット番号001~020までをシャッフルで販売致します。◆プレミアムBセット(チケット番号021~)¥6.000【内容】・ピクチャーチケット・2ショットチェキ券(各メンバー1枚ずつ)・Bセット限定アニバーサリーアー写(集合1枚)・特典券8枚◆物販購入チケット(チケット番号021~) ¥3.000(特典券2枚付)◆メンバー手売りチケット ¥3.000※こちらはビラ配り等の時に販売致します。・1枚 購入メンバーピンチェキ・3枚 限定オリジナルグッズ・5枚 メンバーからのお手紙※5枚購入の場合は手紙+グッズ+ピンチェキ1枚になります。◆二周年記念グッズアニバーサリーTシャツ(フリーサイズ) ¥3.500Tシャツ凸券 ¥500ランダムオフショット生写真 ¥1.000(3枚セット+表紙付)※こちらはランダムになります。+新商品開発中二周年に向けて色々準備していますので皆様のご来場心よりお待ちしております。よろしくお願い致します。

渡セイラ生誕祭+生誕キャンペーン

渡生誕キャンペーン(6/21~7/24まで) ●キャンペーン2ショットチェキ 1000円(特典券2枚付) 期間中各メンバー 1枚ずつ一回まで購入できます。 ●平日+1ガチャ期間中平日のライブ時にガチャ特典の場合ガチャが二回引けます。※ハーレムチェキ、2ショットチェキ等特典が指定されている日、無料イベントは対象外となりますのでお気をつけください。●生誕Tキャンペーン期間中、渡生誕Tを着てライブ、物販にお越しいただきますと特典券を1枚プレゼント致します。※2019渡Tシャツのみが対象となります。 追加物販メニュー◆キャンペーンチェキ 1.000円◆コンプリートチェキ 8.000円(各メンバーBチェキ+ハーレムチェキ券)◆渡生誕Tシャツ 3.500円(凸付)渡生誕レギュレーション※7/725当日のみ・渡生誕チェキ(各セット5セットまで購入可能)◇Aチェキ(特典券2枚付)¥1.000ピンチェキ+特典券のセットになります。◇Bチェキ(特典券5枚付)¥2.000ピンチェキ+2ショットチェキ+特典券のセットになります。◇Cチェキ(特典券10枚付)¥4.000Aチェキ、Bチェキ、キャンペーンチェキのセットになります。※こちらは当日限定販売でAチェキは特典券が+1枚Bチェキは+2枚Cチェキは更に+1枚追加されます。(渡のみの販売となります)※当日渡チェキ列のみAチェキ、キャンペーンチェキは特典券1枚までBチェキは特典券2枚までの使用とさせていただきます余った特典券は当日以降のご使用をお願い致します。※この日に限り渡のチェキは全部ツーショット撮影となります。他メンバーは通常通りのレギュレーションで行わさせていただきます。◇ハーレムチェキ¥3.000→¥2.500(でかチェキではなく普通のチェキでの撮影になります)※当日のみ有効この日は過去特典のハーレム券の使用はできませんのでハーレムチェキご希望の方は当日購入をお願い致します。◇生誕Tシャツ¥3.500◆アライブとレイニー主催イベント「渡セイラ生誕祭」2019年7月25日(木)池袋RUIDE K3open 17:30 start 18:002.500円/3.000円出演アライブとレイニーリリックホリックノワールディアブルボアシューレースぱんちゅーる天使ノ御遊戯平成-HIRANARI-マタタvv需要と供給ユキノユーリOA:渡セイラ他

#036「分岐点」

お久しぶりです。運営です。アライブとレイニーのプロデュースをしています。このグループを作ろうと思ったのが2016年10月くらいで雨宮、瀧井、渡と出会い、その後2017年二月くらいに西川と出会いその年の9月から四人でのアライブとレイニーがスタートしました。ひたすら練習してフライヤーを配って他のアイドルグループより時間をかけて準備し、レッドノーズでのお披露目ワンマンライブは動員60人弱。瀧井以外が全員未経験者で色々な壁にぶつかったり初期始動メンバーでお披露目前に脱退するものも現れ、不安はありましたが何となく可能性を感じました。この四人で頑張れば売れるんじゃないかなーっておもいましたが、一番初めはコール曲もなくライブを作れるような際立った曲もなかったので僕の想定とは違う方向にお客さんからはとらえられたなっと思います。完全に僕の実力不足でした。極力メジャー感を出してやっていきたいって思ったので聴かせる曲をメインに構成してしまいました。その時あった曲はSE#001アリスとリアル再開ハ水槽ノ中バレエメカニックウソツキと付点休符まぁ…これがメインでライブが進行していくとただポカンと聴いている中に一曲だけウソツキで盛り上がるって感じですが、今みたいにノリもできてなかったしコールとかもなかったのでまぁお察しの通りって感じです。その後10月に村瀬の加入が決まってまた四人体制とは色々変わってくる中、わがままラビリンス、すれ違い、ルーティーンあたりが増えてセカンドワンマンを12月に決行。村瀬の加入ライブとなり今までの形のアライブとレイニーになりました。ファーストシングル「ブルーマンデー」の発売も決まっていてこの先どういうグループにしていこうって考えた結果。このグループはあえて王道のアイドルの様な雰囲気から離れて独自路線を強調したグループで行こうってこの辺りで思い始めました。初めに笑わないグループとしては作っていましたが、それでも衣装は可愛く作ろうと思っていたし楽曲ももうちょっとポップなものも入れていく予定でした。でもこのグループを知れば知るほどそうではなく今の路線の方があうんじゃないかなって感じたのは雨宮の幼さ、可愛さとスポコン根性的な感じ瀧井のクールさとおちゃめな感じ西川の内側の脆さと表面の強さかわいさ、誰よりも美意識が高いところ渡の満点の笑顔とそのままの真面目さ、でもたまに見せる儚さ村瀬の陰キャな感じでも意外と目が死んでないとこ、自信の無さを努力でカバーしてるとこ色々二面性があってそのどれをとっても個性になるしそれが合わさったときこの若干シュールなコンセプトが逆に生きてくるんじゃないかなって・・・まぁでも第一は本人たちが楽しんでできるか?なので、次どんな曲が欲しい?って聞いたらどちらかといえば僕が思っているような曲が欲しいって言ってくれていたので、手や13月、AdoLfといったちょっと暗くてどちらかというと今のアライブとレイニーを象徴するような楽曲を2018年に作り始めました。この辺りからグループの印象が若干ロック系と一緒にされるようになってそれをどう否定してグループを組み立てるかをすごい悩みましたwあくまでもこのグループはただのアイドルグループでロック系アイドルグループではないのです。一応基本ベースはライブ衣装は黒は着ない。ドラムは生音をあまり使わない。色髪禁止。見た目は正統派を外れない。これが初めから決めてるアライブとレイニーのルールです。まぁドラムの部分はロックにしたくなかったからそういうルールで初めは作ってたけど最近は表現の幅を広げるためにちょいちょいは使っています。そんなこんなで二年以上このグループで頑張ってきましたが、先日西川から脱退したいという申し出がありました。なんとなくうちのグループはこの五人でずーっと行くもんだと勝手に思っていたので困惑しましたが二年以上そばにいてどう思っているかや何に苦悩しているかもずっと見ていたので話し合いの結果、その申し出を受け入れ、それぞれお互いの道を進むことになりました。この日アライブとレイニーはある意味初めての分岐点に立ちました。今まで色々なことはあったけどそれは全員の道を示す選択。今回は今後を左右する選択です。かけたピースに代わりはなく西川だから表現できていたこと、この五人だからできたステージがありました。それは今後作ることはできません。でももう止まるという選択肢はなかったので今までのアライブとレイニーは本日2019.5/31のライブを最後に6/1からは新たなアライブとレイニーになります。それがどういう意味なのかは新宿ホリデーに来て自分の目で確かめてください。形は変わってしまったけどでも前に進むことをやめない四人の姿を見に来てください。そして今まで西川沙里を応援してくれてありがとうございます。五人のアライブとレイニーを応援してくれてありがとうございます。これから、二周年に向けて色々準備することがありますので、これからも変わらない声援よろしくお願い致します。アライブとレイニープロデューサー金澤篤

先生「誰も居ないアヒルは気付く醜いことに慣れていた」

夜分遅くにすみません。どうも、お久しぶりです。先生です。どのタイミングにしようかずっとなやんでいたのですが、やっぱり今しかないかなと5人の為に作った振付なのでやっぱり5人の今ペーパームーンシャインについて書かないと土日のライブでしっかり伝わらないとそう思ったので、午前2時36分に書き始めました。書きながら色々思い出して涙腺がやばそうだけど頑張ります。ペーパームーンシャインが送られてきたのは3月の頭でした。しばらくこの曲やらないからという文面と歌詞とデモとオケが届きその頃無題の振り付けが終わり瀧井の生誕の準備などをしていたので2回ほど聞いて放置となりました。3月の終わりにプロデューサーから「ペーパームーンシャインはみにくいアヒルの子の歌だから」と言われてみにくいアヒルの子をどう表現しようか悩みました。誰かをみにくいアヒルの子にして進めていこうか……いや、それはあまりに在り来りすぎるな……5人いるなら5人のストーリーを1曲にまとめたら面白いんじゃないか???一人一人のストーリーが重なってるようなそんな表現が出来たらこの曲は凄いものになるんじゃないか……4月の頭に振り落としが始まり瀧井と渡の絡みから始まる。いつも堂々としていてみんなから慕われているけど本当は弱く誰かに縋りたいと思っている子と八方美人でいつもニコニコしててそれしか取り柄が無いことをコンプレックスに感じて今すぐにでもそんな自分を変えたいと思ってる子の葛藤可愛さを武器に異性から好かれていて私が1番可愛いと思ってるからそこ周りを見下している子といつも元気いっぱいだけど空回りすぎてそんな自分に疲れてしまっている標準的いい子ちゃんな子と周りと打ち解けられない常に自分に自信がなくてでも周りが羨ましくて羨ましくて仕方ない子の争いみんな、みにくいアヒルの子。みにくいアヒルの子のストーリーはご存知ですか?生まれてきたヒナのうち1番大きいたまごが最後に割れるのですがその最後の1匹だけとてもみにくい姿でいつもどこでもいじめられ母親にまで見放されます。みにくいアヒルの子はそんな群れから離れひとりでひっそりと生きるのです。ある日みにくいアヒルの子はとても美しい白鳥の群れに出会います。みにくいアヒルの子は自分もこんな姿だったら、この真っ白な綺麗な翼で飛ぶことが出来たらどんなに幸せなことだろう……と考えながら冬を超えると春になり成長したみにくいアヒルの子は翼を羽ばたいてみました。すると体が空に舞い上がり大空を飛ぶことが出来たのです。みにくいアヒルの子は意を決して白鳥の群れに近づいてみると白鳥たちは暖かく迎え入れてくれます。驚いたみにくいアヒルの子は水に映った自分の姿を見て驚きます。みにくいアヒルの子だと思っていた自分自身は実は憧れ夢を見ていたあの白鳥だったのです。みにくかった翼は生え変わっていました。自分がみにくいアヒルの子だと思っていた白鳥は真っ青な空へ羽ばたいていくのです。めでたしめでたし。というお話です。何かに通づると思いませんか?5人も最初はみにくいアヒルの子でした。どこに行ってもバカにされ、君たちには無理だと笑われ、貶され、輪にも入れてもらえなかった。けど、自分たちがやってる事はおかしなことではない自分たちらしくて何が悪い!と信じて耐えてきた頃周りの評価がどんどん変わっていきました。かっこいい。パフォーマンスがすごい。感動した。あれだけ馬鹿にされて貶されて悔しい思いをしてきたのにいつの間にか認められていました。まだまだこれからだけどそれがどんなに嬉しい事だったかペーパームーンシャインには各自の色んな感情や思い出が詰まってると思います。アライブとレイニーの楽曲の中で振り数が少なく感情移入がとても大変な曲だと思います。それでも、5人は自分自身を向き合って一人一人のストーリーを考えて表現してくれました。いつも強気で完璧で常に堂々としてる子も自分に自信が持てなくてそれでも必死で努力してる子も元気いっぱいでやんちゃだけどなんだかんだ真面目な子もニコニコしててみんなの事を癒してくれる頑張り屋な子も誰よりも自分に向き合って悩んで悩んで悩みまくってそれでも自分に嘘をつかない真っ直ぐな心を持ったキラキラしてて可愛くて性格は中々男らしい所があるけど(笑)誰よりも女の子である事を楽しんでいる素敵な子もみんなそれぞれのストーリーがあってみんなそれぞれの夢があって個性的過ぎるくらい個性的で本当にみんなバラバラで、なのに本当に仲良くて、よく喧嘩するしなのにすぐ仲直りしてまたバカ騒ぎして本気でぶつかって本当に砕けてみんなで泣いたり笑ったり悩んだり本当に忙しい子達で、こんなに手がかかる子達いないってくらい本当に色んなことがあったけどそれをみんなで乗り越えてきて2年前の5月に初めてみんなに会った時なんなのこの絶対同じクラスだったら仲良くなってない子達揃えましたみたいなグループ……めちゃくちゃ大変そう……って思って、半年も続かないだろうな。本気でそう思ってたけど残った4人は本気で(村瀬はその時いなかったけど村瀬も本気です!)それを見てこの子達なら!って思ったのを覚えてる。あれから2年。あっという間に気づいたら2年。グループとしてはこれからだけどそれでも1人の女の子のストーリーを尊重することにしてそれが、最後が、ペーパームーンシャインなのはなにか意味があるのかなって思ってたまたまこの曲が最後になってしまう事になったけどみにくいアヒルの子が白鳥になって飛び立つあのシーンがなんだか今と重なってとても綺麗でまぁ、そりゃー、寂しいけどね。たまごが割れた瞬間もみにくいアヒルの子となって悔しい思いをしたことも寒さを凌いで我慢して頑張った事も白鳥になって羽ばたく姿も全て見てきたからこれからのアライブとレイニーとこれまでのアライブとレイニーを本当に表現した1曲だと思うから一人一人のストーリーと全体のストーリーとしっかり目に焼き付けて忘れないように心に大切に保管しておいて欲しいと思います。アイドル界では変わり者なのかもしれないけどそんな変わり者はいつか白鳥になって高く高く大きく綺麗な翼で飛ぶ日が来ると信じてるのでこれからもそんな変わり者たちを宜しく御願い致します。26日、泣かないようにな。先生より。

【重要】西川沙里につきまして

いつもアライブとレイニーを応援いただき、ありがとうございます。西川沙里に関しましてご報告いたします。かねてより相談を受けておりましたが、活動のスタンス、考え方の違いによりアライブとレイニーでの活動を続けていくことが困難だと申出がありました。お互いに続けていける道はないかとか色々協議はいたしましたが本人の意見を尊重することにし、2019.5/26の目黒鹿鳴館のイベントをもって、アライブとレイニーを脱退するはこびとなりました。ファンの皆様には、突然の発表になりましたことを心よりお詫びいたします。5/27以降は雨宮光咲、瀧井あさひ、村瀬叶芽、渡セイラの四人編成での新体制での活動にはなりますが今後とも、 アライブとレイニーへの変わらぬご声援、応援、何卒、宜しくお願い申し上げます。この5人で活動できた2年間を誇りに思いますし、一生忘れることの無い2年間でした。金澤篤【西川からのコメント】いつも日頃から支えて下さるファンの皆様へなんで卒業しちゃうの?って思う方、いると思います。私もそう思います。多分私は…変な人なのだと思います。また、ファンが少いから?とか、アライブとレイニーが嫌いになったの?など色々考えてくださる方、いるかと思います。私は応援してくださる方がいようがいまいがそんなちっぽけなことでは簡単に決断しませんし、アライブとレイニー今も大好きです。ではなぜ辞めてしまうのか?それはただ分岐点が来てしまっただけなんです。みなさんが中学時代、高校時代受験というものを味わったかと思います。また、大学生になり就活を経験した方が多いかと思います。同じ時間に登校し、授業を受け、テスト勉強をし、一緒に時間を過ごす。けれども自分のこの先の未来というのは学校の授業や先生、お友達には教えてもらえないのです。自分がどういう人間になり、どういう人生を歩みたいか。それは自分で決めることなのです。多分私以外のメンバーと運営さん、先生は同じ方向を向いていたのだけれども私は別の方向を見てしまったのです。約2年間活動してきてたくさんの壁にぶつかってきましたが、それと同時に可能性やもっとこうしたいというものが徐々に増えてしまったのです。夢見がちとか現実見れてないとかよく言われたセリフで…。私は実際今も現実が見れていません。見ようと思ってません。この脱退は"脱退"という色眼鏡で見ればマイナスです。しかしきっとこの先を考えればプラスになると思うのです。アライブとレイニーがアライブとレイニーでいられるために。私が西川沙里でいられるために。正直なところとても悩みました。たくさん泣きました。今までのことやこれからのこと…たくさんアライブとレイニーで考えていたから寂しくて仕方ありません。ですが私はここにいてはならないのです。アライブとレイニーを通して歌を歌うこと。すごく苦手だったダンスを踊る楽しみ。そしてファンと呼ばれるあたたかい方々を知ることが出来、様々な経験をできたことに感謝しています。残念ながら私は今後アライブとレイニーとしてステージに立つことはなくなってしまうけれども、アイドルとしてまた帰ってこられるように私は修行をしたいと思います。ステージに次立てた時はアライブとレイニーをライバルとしてまた違う形で高めあえたらいいな…と、思っております。ここで終わりではありません。私もアライブとレイニーもここは通過点です。今後ともアライブとレイニーの応援をよろしくお願いします。最後にメンバーをたくさん支えてあげてください。そして愛してあげてください。あなたの応援は何にも変えられないのです。今までありがとうございましたアライブとレイニー 西川沙里

愛踊祭2019出場アイドル特別枠

5/18CD購入特典オフ会について